• 080-3394-5322
  • masaaki3821@yahoo.co.jp

音楽理論動画 その③

音楽理論動画 その③

こんにちは、仲林です。

前回までで音程の読み方、グループ分けが出来ました。

今回からの2回はそれぞれのグループについての解説です。

それではFightingDog先生よろしくお願いいたしますm(__)m

完全音程グループの解説です。

如何でしたか?

ちょっとたくさん出てきましたので覚えるのは大変かもしれませんね。

ここでのポイントは、

・ファ→シは増4度

・シ→ファは減5度

・それ以外はすべて完全4度、完全5度

丸暗記できちゃいますね。

ついでに私が活用している音程の測り方もありますので紹介させていただきます。

ご自身に合う方法を選んで頂ければ幸いです。

 

ドレミファソラシドって

ミ→ファとシ→ドの間が半音になっています。

ピアノの鍵盤を見るとわかりやすいですね。鍵盤一個分が半音です。

ほとんどは白鍵→黒鍵→白鍵→黒鍵、、、、

という順番で鍵盤が並べられていますが、

ド→ド(高い音)までの間に「2箇所」黒鍵が入っていない事に気づきませんか?

それが、前述した「ミ→ファ」と「シ→ド」になっております。

ある音程の間に、この「ミ→ファ」または「シ→ド」が何個含まれているかによって完全、増、減と呼ぶかが決まります。(ただし1度、8度は対象外です)

この測り方は4度と5度で共通に使えます。

「ミ→ファ」または「シ→ド」 の含まれる数が、

「0個→増、1個→完全、2個→減」となります。

では実践してみましょう。

問1:ド→ソの音程は?

解答:ドレ「ミファ」ソ なので「ミファ」が1個。完全5度。

問2:ラ→レの音程は?

解答:ラ「シド」レ なので「シド」が1個。完全4度。

問3:ファ→シの音程は?

解答:ファソラシ なので「ミファ」も「シド」も0個。増4度。

問4:シ→ファの音程は?

解答:「シド」レ「ミファ」 なので「シド」「ミファ」が1個ずつで合計2個。減5度。

おさらいになりますが、度数は音名を数えるだけです。

あとは完全、増、減のどれになるかを法則に従って判断する。

という方法でした。

何かのヒントになれば幸いです。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

仲林

仲林聖晃

メッセージを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。