• 080-3394-5322
  • masaaki3821@yahoo.co.jp

腱鞘炎になる

腱鞘炎になる

こんにちは、仲林です。

今回は腱鞘炎になったときのことです。

どんな楽器でも手を使う以上、気を付けていたいものです。

ですが、ついつい弾きたい気持ちが先行してしまい無理をしがちです。

大変なことになる前の予防は大事ですね。

 

リズムが苦手で

リズム感覚がなく苦労していたため、何かいい手はないかと思案していたところ。

何でも一石二鳥が大好きなわたくし(*´∀`*)

思いつきます「そうだ、ドラムを習いに行こう!」

「リズムも身につくし、ついでにできる楽器が増えるじゃん」

と安易に考え、27~28歳頃ドラムレッスンに通いました。

 

ドラムにもはまる

レッスンしていただいた桜井清隆先生はとても教え方が上手で。

こんな曲できるわけねーよ(# ゚Д゚)

と言うような課題曲でも、

基礎の組み合わせだけだからだいじょーぶv( ̄Д ̄)v イエイ

と的確にひとつずつ丁寧に訓練していただけました。

練習も楽しくルンルンでスティックを素振りしていたある日。

ついにやっていしまいました(T_T)

 

そうです、私が腱鞘炎です

なんか手首が痛いんです、ついに来たかと焦りました。

ドラムの先生からも「あーやっちゃったねー」と。

立ち上がる時に手を床面につくだけで「ピキーン」と痛みが走ります。

利き手だったのでお箸持つのもなかなかしんどい(´;ω;`)

仕方なく左手でお箸持ってたら、使えるようになったのはいい副作用でしたが(;^_^A

仕事で電動ドライバー持つのですが、その振動すら響いてしんどい。

あまりにも仕事にならんので医者へ行きました。

 

手を使いすぎ

私の場合、当時は仕事が製造業でしたので手もよく使うし力もいります。

普段から酷使していた上に、暇を見てはスティック振り回して遊んでました。

原因は手を休ませてないんです。

ドラムも習い始めだから余計な力も入るし、痛めやすい条件が重なっていたようです。

それでも面白くなってきちゃったから、懲りずに練習しちゃう。

これが悪循環です。

塗り薬と湿布、サポーターの3点セットで1ヵ月ほどだったと思います。

何とか治りました。

 

時折再発する

やっと治ったと安心してしていたら、

数か月に1度くらい軽い腱鞘炎の症状が出るんです。

ヤバいまたかと思って数日休むと治ってしまうんですが、

どうやらクセになってしまったようです(T_T)

日ごろのメンテナンスも大事なんだなーと痛感しました。

以後、過剰な練習量は避けて短時間集中するようになりました。

これが質のいい練習をするきっかけになりましたので結果オーライです(^^)/

 

ホントにケガの功名

腱鞘炎になったおかげで、効率のいい練習方法に気づくとは思いもしませんでした。

手首が持たないのであれば、出来るうちに集中する。

何気なく聞いていたアドバイス「短時間集中」は上達に限らず、

体を傷めないためでもあったのです。

健康であればこそ、楽しい音楽ライフができるのですね。

 

それでは、また(^^)/

ご覧いただきありがとうございます。

仲林

仲林聖晃

メッセージを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。