• 080-3394-5322
  • masaaki3821@yahoo.co.jp

ギター弾いたら、指先痛い問題

ギター弾いたら、指先痛い問題

こんにちは、仲林です。

ギター何回も弾いてると、指先痛くなっちゃうことがありますね。

そうするとあんまり長い時間は練習できなくなります。

もうちょっと弾きたいんだよなーとムズムズします(T_T)

「おらぁ、毎日弾いてるだー」

という方も、

「おらぁへぇ、ほかの趣味にハマっちまって、最近全然弾いてねえやさぁ~」

という方も、

今回は私の経験上、こうしとけばよかったなーという小話です。

 

ギターから離れる

ギターは中学生の頃にアコギを少しかじった程度。

以降、社会人になってから30歳を過ぎるまでピアノ、ドラム、サックス、ボーカルと数々のレッスンに通い詰めておりました。

ベースはまだ弾いておらず、ギターは全然触ってない時期が長かったのです。

 

久しぶりにアコギを弾く

「拓郎age」に行くようになり、アコギで弾き語りたくなります。

久々にアコギ触ると、おおー中学生時代はなんと弾きづらいギターで練習していたんだ。

と気づき、なんか楽勝くらいに思っていました。

が、、、そんなに甘くないのです。

見事に弾けません(T_T)

コード押さえてなんとか音は出すものの、コードチェンジすらできません(T_T)

なんか指の関節が「がっくんがっくん」と痙攣したみたいになったり(;^_^A

何より、指先痛くてやってられません(T_T)

弾いてないとこんな状態になるんだと自分にビックリです。

 

焦って練習する

これはさすがにまずい(;^_^A

どこでも練習できるようにサイレントのアコギを購入。

稼ぎの少ない自分にはいい値段でしたが、奮発します(T_T)

これなら車(軽)の後部座席でも練習できると思いまして。

しかし今となっては普通のアコギにしとけばよかったと思います。

個人的には弾きづらかったですこれ(;^_^A

ともあれ、持ち運びには重宝しましたので、

仕事終わりに車内でちょくちょく練習しました。

どうにも弾けない箇所で力んでしまうこともあり、

相変わらず指先は痛く、皮膚は厚くなりボロボロとむけたりします。

 

少しづつ慣れてくる

痛くて長時間は弾けないので短時間弾くようにします。

慣れるのが先決でしたので、曲は歌いたい曲でした。

難しいのはいったん置いといて、歌本通りのコードを丸暗記です。

すると、だんだんと力みが取れて、指先の皮も丈夫になります。

痛みも気にならなくなり、楽しく弾くことに専念できるようになります。

 

指先も元通りに

更に続けていくと、指先がカチカチになっていたのが元通りの柔らかさに戻ります。

私の勝手な見解ですが、

ギターに慣れる→力みが取れる→指先の負担が減る→痛みがなくなる→角質層が生成されなくなる→指先が元通りに

という関係ですね。

 

痛みは力みのバロメーター

指先が固くなる以上、力んでる証拠になります。

ギターは元々、力まずとも弾ける楽器だということに気づくまでには時間がかかりました。

レッスン受けても「力みすぎ」と指摘されていましたが、当時は理解できていませんでした。

「そうは言っても~、しっかり押さえなきゃ音出ね~じゃ~ん(T_T)」と悶々としておりました。

力んでたことは後々、楽に出来るようになってから気づきました(;^_^A

身も蓋もないのですが練習量こなして、慣れるしかないんだと思い知ります。

しっかり押さえなければ音が出ない程度の習熟度だったわけです(;^_^A

弦の硬さや弦高に関係ないようです。

エレキギターでも、慣れないソロとか練習した時にはいまだに指先痛くなりますし、皮膚もボロボロと剥けちゃいます。

私自身、エレキギターは弾き慣れていない楽器ですし、ソロをとるのも得意ではありません。

かなり力みがあることがわかります。

収録したくて練習してはいますが、くたびれますし(;^_^A

まだまだこれからです。

 

楽に弾けるように

痛みがなく、如何に楽に弾けるか。

これで自身の習熟度を知ることが出来ますね。

文字通り「楽にできること」で楽しくなる」のですね。

 

それでは、また。

楽しい音楽ライフのために!

仲林

仲林聖晃

メッセージを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。