楽に歌うための3ステップ③

ヴォーカルトレーニング

こんにちは、たまには一人カラオケに没頭したい仲林です。

いよいよ最後のステップにたどり着きました。

本題の前に、前回までの記事をサクッとご覧ください。

楽に歌うための3ステップ①

楽に歌うための3ステップ②

ここまでの内容をご理解いただいてるものとして解説していきます。

途中で分からないことがあった場合も振り返ってみてくださいね。

ステップ③ ミックスボイス

ミックスボイスとは

言葉通りに解釈すると「混ぜ声」

でも、一体何を混ぜるのでしうね~?

世の中には「混ぜるな危険」と記載された漂白剤もありますが。

歌声においてはぜひ混ぜていただきたいのです。

「ヘッドボイス」と「チェストボイス」を。

両方の要素が同時に発声されている状態を目指します。

この状態になった時、声が混ざったように聞こえるため、

「ミックスボイス」と呼ばれます。

今までのステップは、この発声をするための準備。

いよいよ仕上げです。

張り切って参りましょー( ´ ▽ ` )ノ

ミックスボイスの役割

ミックスボイスを使えるととっても便利。

音域を広げると、チェストボイスとヘッドボイスの両方を使うことになります。

そのときに問題になるのが声を切り替える場所があること。

ここを「換声点」と言います。

地声を高くしていったとき、急に声が裏返ってしまうことってありませんか?

このポイントを克服するには「ミックスボイス」が必要不可欠。

ミックスボイスの出番

実は「声が裏返ってしまう」っていうことがミックスボイスのヒント。

裏返るってことは、その時点で喉がヘッドボイスを使いたがっている証拠。

喉が「チェストボイスじゃあ、音が高すぎて無ー理ー(;^_^A」と悲鳴を上げています。

「そろそろ、裏声使ってねー」という合図なんです。

ここが「換声点」です。

チェストボイスからヘッドボイスに急に変わると違和感が出ます。

この時、ミックスボイスを挟んでから移行すると声質が不自然に変わることなく、

スムースに切り替わります。

ミックスボイスの発声原理

「ミックスボイス」が出現するのは、

「チェストボイス」と「ヘッドボイス」の音域を行き来する途中です。

声が切替わる途中では、ミックスボイスにおいても、裏声寄り、地声寄りがあります。

図をご覧ください。

輪状甲状筋、声帯筋、共に緊張が弱いと低い裏声

輪状甲状筋、声帯筋、共に緊張が強いと高い地声

この2つのミックスボイスがチェストボイスとヘッドボイスの橋渡しをします。

ミックスボイスの難易度が高い理由はこの筋肉の状態にあります。

チェストボイスは輪状甲状筋を緊張させる。

ヘッドボイスは声帯筋を緊張させる。

というように、どちらか一方でよかったのです。

ミックスボイスでは両方の筋肉を同時に緊張・弛緩しなくてはいけないため、

コントロールが難しいのです。

ですので、まずは一つずつの筋肉をコントロールできるようにするために

ステップ①、②を行っていたのですね。

ミックスボイスの状態は

低い裏声は「ヘッドボイスの発声」+「チェストボイスの低音発声」

高い地声は「チェストボイスの発声」+「ヘッドボイスの高音発声」

となります。

この発声原理がありますので、

腹式呼吸で大きな声を出しても「ミックスボイス」にはなりません。

これでは、声帯に息を吹きかけているだけですので。

呼吸法や腹筋トレーニングだけでは無理な事、ご理解いただけたでしょうか?

歌声が自然に

「チェストボイス」⇔「ミックスボイス」⇔「ヘッドボイス」

という声の切り替えがスムースに出来ると、地声と裏声の差が目立たなくなります。

結果、途中の出しずらい音も楽に歌えるようになるのです。

自然で無理のない歌声になり、歌ってても聞いてても心地良くなります。

大抵の場合「チェストボイス」と「ヘッドボイス」は出来るけど、

両者を行き来しようとするとに声が変わってなんか変な感じ(;^_^A

と思ったりします。

切り替えようとすると「志村けん」氏のような声になって、

ひっくり返ってしまうことも多々あります。

順を追って解説しますんで、焦らず一つずつ取り組みましょう。

余談ですが「志村けん」氏の発声はすごく器用でいい声です。

発声一つとってみても、芸人として一流なのを改めて実感します。

ミックスボイス発声練習

練習の真実

具体的な練習の前に大事な前提があります。

練習がどうして必要か?

ということついて。

人が能力を身につけるには繰り返す必要があります。

同じ動作を繰り返すことによって、

体内に徐々に新しい神経回路が出来てきます。

それによって出来なかった動作が出来るようになっていくのです。

こればかりはどんなに便利な道具が出来ても、自分の身体を使う以上は逃れられない事実。

新しいことを身につけるにはどうしようもない宿命です。

コツはありません。

繰り返すのです。単純なことを。

その積み重ねでしか身に付きません。

私自身が身に染みて実感しております。

この真実を念頭に取り組んで下さいね。

2つの発声を行き来する

チェストボイスとヘッドボイスの切り替え

チェストボイスとヘッドボイスが切り替わる「換声点」には個人差があります。

簡単なキーボードで音を鳴らしながら「換声点」を見つけましょう。

キーボードはスマホアプリで充分です。

切り替える音が分かったら、そこを中心に上下幅を持たせて1オクターブで挟みます。

交互に弾いて音を出し、発声しましょう。

私の場合、換声点は「ファ」

チェストボイス側は換声点より下の「ラ」、ヘッドボイス側は換声点より上の「ラ」

この音程で切り替える感覚を身に着けます。

また、このまま音程を上下させるとよりいいでしょう。

下降パターン

上昇パターン

音程を徐々に狭くしていく

出来るようになったら1オクターブあった音程を徐々に狭めていきます。

最終的には半音まで幅を狭めていって滑らかに切り替えられたらオッケー。

この時の喉の状態を感じ取りましょう。

これはもう個人の感じ方になってしまうので一概にこれだと言えないところ。

私の場合は、喉の構造を想像しながら探っていました。

言うのは簡単ですが、これがまあ~大変なので(;^_^A

未来に楽しく歌っているご自身の姿を妄想しながら、辛抱してやってみて下さい。

曲で試す

発声練習ばっかりでは正直飽きてきますので。

並行して実際に歌ってみましょう( ´ ▽ ` )ノ

音程の幅があってチェストボイスとヘッドボイスが必要になる曲がいいです。

私の場合は「稲垣潤一」氏の楽曲を熱唱ドライバーしております。

高い声のイメージがありますが、近年は低音も渋くなってきて私にはうってつけ。

ご自身の好きな曲で見つけてみてくださいね。

以上でステップ③の解説となります。

解放感がすごい

ミックスボイス自体は副産物です。

ヘッドボイスとチェストボイスの発声が大前提。

そのうえで切り替えができること。

この順序がない限りミックスボイスは発声しません。

出来るようになってみると、ほんとに歌いやすくていくらでも歌えちゃいます。

スーパーサ〇ヤ人になったようです。

楽にもなるので純粋に楽しむことを満喫できます。

いつの間にかフッと力が抜けて思うように声を操れる感覚に至ります。

それには、日々の少しづつの積み重ねしか得られません。

楽になると「魅せること」ができる

楽にできるようになって、熟練した技術は魔法と見分けがつきません。

俳優の津川雅彦氏は「芸は軽く魅せること」とおっしゃってました。

達人はこともなげに魅せます。

鑑賞していていただく皆さんに気を遣わせてはいけません。

「頑張ってる」、「大変そう」、「一生懸命やってる」なんて思われたらダメなんです。

その領域、私も達したいものです。

出来るようになるために

出来るまでにどのくらい時間がかかったかは覚えてません。

日々上達していきたいと試行錯誤していましたので。

仕事のように何時間働いたから報酬があることではないですし。

ダラダラ練習して、無駄に過ごしたなーと思うことはしょっちゅう。

それくらい一人で練習するっていうのは意志を保つのが難しいのです。

「やらなくなる」っていうのが「できない原因」

それならやらざるを得ない状況に身を置くのが一番。

そのために音楽教室に通うわけです。

修行僧にとってのお寺です。

お坊さんでさえ意志を持てなくなるんで、

私のような欲にまみれた俗人ならなおさらです。

20代はあっちこっちの音楽教室に通っては追い詰められ、ジタバタ。

30代は拓郎ageでの無茶ぶり伴奏で追い詰められ、何とかこなす。

現在もカラオケ制作や演奏サポートなどで追い詰められておりますが(;^_^A

このおかげで日々上達させてもらっているわけです。

ご依頼受けるたびに自分が成長できますので、どしどしご相談くださいね。

 

それでは、ここまで長文読んでいただきありがとうございます。

素敵な音楽ライフのために!

仲林

コメント

タイトルとURLをコピーしました