ソフトウェア音源「IvoryⅡ American Concert D」

ブログ

こんにちは、なかばっしーです。

今回はDTMerやキーボードでピアノを弾いている皆さんにオススメ!

ソフトウェア音源の紹介です。

カラオケ制作用のピアノ音源を導入

カラオケ制作でピアノ伴奏音源を多数作って参りましたが、

もう一つ生っぽい音になっていないなーと気にはなっていたんです。

お陰様でご依頼も多くなってきたこともあり、音質向上のため導入を決定!

⇩サウンドハウスで購入しました。

サウンドハウス

やっぱり餅は餅屋。

なんでも揃ってる、音楽版「モノタロウ」です。

ソフトウェア音源って?

パソコンなどで音楽制作に使う「バーチャル楽器」とも言えます。

ソフトウェア音源を使って録音をすると、演奏情報をデータ(MIDI)として書き込みます。

再生をすると演奏データをリアルタイムで読み出しながら、ソフトウェア音源が実際の音を出します。

「音」を出す「源」なので「音源」と呼ぶんですね。

今回導入した「IvoryⅡ American Concert D」は実在のピアノ音を収録。

さらに、音の発生する原理までも再現するという、

凝りに凝ったソフトウェア音源でございますよ。

パッケージ

ネット上でデータのみを買うこともできるのですが、過去にデータやパスワードを紛失してしまったこともあり💦

今回はパッケージで現物を購入。

これならパソコン壊れてもデータ紛失しても復旧できますし〜。

パッケージは、A4ノートくらいの箱が届きました。

音楽専門学校へ通っていた18年前は、こういった箱でソフトウェアを購入していました。

久々に購入したらまあ簡素なことで。

何枚もCDROMが入っていた頃とは変わりましたね〜。

製品内容

内容物リスト

シリアルナンバー表面 ※ナンバーは伏せています。

シリアルナンバー裏面(英語でいろいろ書いてある)

ハガキ表面

ハガキ裏面

USBメモリ(製品インストールデータ)

箱の大きさの割には中身ちっちゃ!という感じ。

実際使うのは、USBメモリとシリアルナンバー表面だけですしね。

インストールの仕方

インストールはこちら⇩を見ながら出来ました。

Ivory IIシリーズ製品 登録・インストール方法

インストールしたのに音が出なくて困ってたところ、

こちら⇩も参考になりました。

IvoryIIを買ったのに音が出なくて悩んでいる人へ

音を出してみよう!

「IvoryⅡ American Concert D」にはスタンドアローン機能というものがあります。

ソフトウェア音源を楽器として使う機能です。

「IvoryⅡ American Concert D」のみ立ち上げれば、音楽制作と同じ環境のままライブでも使えます。

何十万もする高級シンセを買うより、遥かに安上がりで音質もイイ。

まずは弾いてみて生ピアノ感をご堪能くださいね!

過去に17万のステージ用電子ピアノを買ってしまった私。

当時に戻れるなら「ちょっと待ったぁー!」と羽交い締めにして購入を止めたいものです💦

新作BGMに使ってみました。

早速、オリジナルBGM制作に使ってみたらとってもイイ感じです。

鍵盤やペダルなどピアノの構造物が出す音も収録していて、実物を演奏しているようで心地いいです。

正に「バーチャルピアノ」。

本物感がとてもイイのです。

ともあれ、百聞は「一聴」にしかず。

BGMを動画にしてみましたので聴いてみてください。

購入ご検討の方はこちら

SYNTHOGY ( シンソジー ) / Ivory II American Concert D 簡易パッケージ

※サウンドハウスのトップページへリンクしています。

Ivoryはプロも納得のイイ音源ですし、いろいろ調べてみるのも楽しいですよ。

 

それでは、素敵な音楽ライフを!

仲林まさあき

 

「CalmTown Music」提供サービス

カラオケ制作

DTM出張レッスン

作曲サポート

BGM素材販売

弾き語り喫茶

タイトルとURLをコピーしました