軽音楽の知識

軽音楽の知識

音符をつなげる「記号と書き方」

こんにちは。 音楽専門学校時代の楽譜は手書きだった、仲林です。 楽譜では異なる音符をつなげて書くことが頻繁にあります。 そのために使う記号の解説と、記譜の例をまとめました。 動画解説はこちら⇩ 記号 音符...
軽音楽の知識

音符の分割①「3連符」

こんにちは。 2拍3連をちょいちょい使いたくなる、仲林です。 動画解説⇩ テーマは「音符の分割」です。 4分音符を2分割=8分音符2個のように、音符を偶数で分割するお話はして参りました。 今回は3分割、...
軽音楽の知識

付点音符・付点休符

こんにちは、仲林です。 今回のテーマは、音符の付加記号の一つ「付点」です。 付点の機能は、音符の長さを1.5倍にします。 動画解説⇩ 書き方 音符は丸部分の右上に「点」をします。     休符は記号...
軽音楽の知識

休符の種類

こんにちは、無音も音の一つ。仲林です。 動画解説⇩ 無音を表す音符 音のない箇所を示す記号を「休符」と呼びます。 休符は「無音」ですから、音の高さはありません。 目的は「リズムの把握」。 リズムって音を間...
軽音楽の知識

音符の種類

こんにちは、仲林です。 今回のテーマは「音符の種類」 音の長さを示すために種類がございます。 その位置関係も大事なポイントです。 動画解説⇩ 全音符を分割 各種音符は「全音符」を「何分割しているか」という...
軽音楽の知識

派生音の記譜

こんにちは、仲林です。 今回のテーマは「派生音の記譜」です。 派生音についてはこちらの記事をどうぞ⇨「派生音(変化音)」 ここでは具体的な記譜の仕方、扱い方を解説します。 ⇩動画解説 変位記号の位置 変位...
軽音楽の知識

五線譜の音名「記譜の仕方と位置関係」

今回は前回記事の補足になります。 譜面上の音名と音の高さの位置関係を動画にて話しました。 大譜表 音部記号はG-clef(ト音記号)とF-clef(へ音記号)の2種類を主に使います。 音の高さの位置関係を知る時には大...
軽音楽の知識

譜表と音部記号

こんにちは、仲林です。 テーマは音楽の便利ツール「楽譜」。 汎用性が高く多種多様な楽器の共通言語として役立ちます。 意外に内容が濃いので、数回に分けて紹介させていただきますね。 では、動画をご覧ください。 ...
軽音楽の知識

派生音(変化音)

こんにちは、仲林です。 今回のテーマは「派生音(変化音)」 12平均律の始めの7音を変化させた、残り5音のお話です。 動画をご覧ください。 幹音を半音単位で変位させた「5つの音」 軽音楽を始めとする西洋音楽では...
軽音楽の知識

幹音「始めの7音」

こんにちは、仲林です。 今回のテーマは「幹音」。 12平均律を構成する始まりとなる7つの音のお話です。 先ずは動画をご覧ください。 標準高度 = 440Hz(ヘルツ) 実用的には合奏(アンサンブル)するときや、...
タイトルとURLをコピーしました