メロディの材料「音律とは?」

軽音楽の知識

こんにちは。理屈から音楽を始めた為に、遠回りをしてきた仲林です。

音楽理論って必要?

そんな私ではありますが、演奏がある程度こなれてきた頃。

音楽理論を改めて見返してみると、とっても役立つことに気づきます。

音楽専門学校に通っていた頃、音楽理論を教えてくれた先生は

「あとで繋がってくるから。音楽理論は後付け理論」

とおっしゃっていた意味がようやく分かりました。

演奏できるようになると理解がより深まり、困ったときの手助けとなるのです。

演奏する為、創造するための音楽知識なのです。

軽音楽のルール「音律」

「音律」という言葉を聞いたことがありますか?

私自身は音楽専門学校に通うまでは知りませんでした。

入学前の見学の際に、事前に勉強しておくべきことは聞いてはおりましたが、

音楽の根幹を示す内容は当時の本にはなかったことです。

初めての音楽理論の授業で聞いたときは、

「ほほー、自分が扱う軽音楽はほんの一部ではないか」

と奥深さに感銘を受けたものです。

動画解説「音律とは?」

先生ほど上手く解説できたかは分かりませんが、内容を動画にしてみました。

どうぞご覧ください。(音質については今後改善いたします。ご了承くださいませ)

補足

いくつか出てくる言葉に「音を分ける」と言う表現がございます。

例として、周波数440Hzから880Hzまでの間を12分割するとします。

分割する際に決めた地点(周波数)がドレミファソラシドの位置となります。

ただしこの位置は相対的なもの。

キーが変更されると全体の位置もごっそり変わりますが、

変わらないのは音同士の間隔(距離)なのです。

これができるから、キーを変えてもドレミファソラシドに聞こえるのですね。

ご質問大歓迎!

ご不明な点も多いかと思いますので、メールフォームからのご質問も大歓迎です。

初歩的な質問だしこんなこと聞いていいのかな?と怯えなくても大丈夫です。

何しろ私自身が超初心者の大人から始めた音楽経験者ですので、お気軽にどうぞ。
[contact-form-7 404 "Not Found"]

素敵な音楽ライフを!

仲林聖晃

コメント

タイトルとURLをコピーしました