音符の種類

軽音楽の知識

こんにちは、仲林です。

今回のテーマは「音符の種類」

音の長さを示すために種類がございます。

その位置関係も大事なポイントです。

動画解説⇩

全音符を分割

各種音符は「全音符」を「何分割しているか」という意味で表されます。

音の長さ「音価」

全音符は4/4拍子(拍子の解説はまた後程)の場合、1小節分の音の長さとなります。

この音の長さのことを特に「音価」と呼びます。

※知識は断片的なものでしかありません。お互いの関係性があり、後々つながってきます。まずは一通りさらっていきましょう。

音価の比較

以下の画像をご覧ください。

全音符1つの音価を「1」とします。

全音符を2分割すると、音価が「1/2」になった音符が2つできます。

この1つを「2分音符」と呼びます。

同様に2分割を繰り返すと、4分・8分・16分・32分(実用的にはここくらいまで)

というように、分数で示した音符が出来上がります。

音符の位置関係

譜面をご覧ください。

上段から下段の音符の位置を見ますと、ちょうど半分の位置に音符が出来ています。

この例では、4分音符同士のちょうど中間に8分音符がありますね。

実はこれ、4分音符側から見たときに「裏拍」と呼ばれる位置。

これが肝です。

「裏拍を制するものはリズムを制する」と言えるくらい大事なポイント。

要チェックです!

音符単体での記譜

この画像では8分音符以降、隣同士の頭を繋いで記譜しています。

しかしこれは全ての音がつながっている場合。

実用的には、音符間に休譜が入ったりしますから、単体でも記譜します。

単体での記譜は、画像のようになります。

まとめ

動画のホワイトボードでまとめます。

全音符を基に、2分割を繰り返すことで音符が派生して出来ます。

2分割による裏拍の位置がリズム把握に直結します。

実用的には16分音符まで把握できるよう取り組んでみてください。

大抵の楽曲は対応できます。

ドラムを教わっていた十数年前、最初の課題は

「16分音符を両手で叩けるようになること」でした。

お陰様で、耳コピーやら他の楽器の演奏、歌のリズムが明確になったので表現しやすくなったり、

その効果はドラムに限った話ではありません。

記譜においても迷わずメロディーを音符で書けるようになりました。

16分音符のメロ譜が書けたらもう大丈夫。

お好きな楽曲の耳コピーなどに、知識を応用してお試しくださいね。

 

それでは、素敵な軽音楽ライフを!

仲林聖晃

コメント

タイトルとURLをコピーしました