• 080-3394-5322
  • masaaki3821@yahoo.co.jp

演奏の恥はかき捨て

演奏の恥はかき捨て

こんにちは、仲林です。

人前で歌ったり演奏するのって緊張しますね。

私自身、ライブ前に変な汗かいて余計に焦るなんてしょっちゅうでした。

現在も全く緊張しないわけではないですが、充実感のある緊張感で演奏できております。

今回は克服するに至った経緯のお話です。

 

何故か緊張する

緊張ってなんでするんでしょうね?

自意識過剰と頭ではわかっていながら、やっぱりみられるのは慣れてませんから。

、、、そうです、私が変なおじさん、、、じゃなくて「慣れてないだけ」なんですね。

じゃあ慣れちゃえばいいじゃん、という安易な解決策です。

荒療治ではありますが最速で楽になっちゃいます。

 

たくさんやりましょう

具体的には「場数を多く踏む」事です。

数をこなすのです。

ライブをすることが生活習慣の一つになります。

特別なことでも何でもないようになります。

それによく考えてみると、事実大したことじゃないんです。

人前で歌ったり演奏することって。

 

批判されるほど注目されてなかった

ライブやYouTube動画で演奏をお披露目したら「へたくそ」とか文句付けられるんじゃないか、と気にする方もいらっしゃいます。

でも実際の聴衆として思い返してみてください。

例えば、路上ライブしてる人を見かけたことありますか?

状況を見るとすごく注目されそうなことですよね。

他に誰も演奏していない通りで「一人だけで」ライブしてるんですから。

でも観客として見た場合、

本人はとても一生懸命演奏してアピールしてますが、よっぽど何か引き付けるものがない限り素通りですね。

それくらい注目されてないんです。自分って。

で、ましてや発表会などは同じように演奏する方が「何十人」と出演します。

路上ライブ一人でも目立たないんですから、目立つわけがありません。

それぐらい注目されるって難しいんです。

かく言うわたくしも、方々へ発信してはいますが、、、、ほぼスルーされますし。

むしろ批判してもらえたら「やっと注目された~」と大喜びするくらいです。

YouTube動画でカバー曲をいくつか上げていますが、再生回数の多いものに低評価が付きます。

「低評価=注目された」という図式なのですね。

まず注目されませんし、興味のないものはスルーされますのでご安心ください。

私もいつか批判されるくらい注目されたいものです(T_T)

 

恥をかいたと思っても

まだ人前で楽器は弾いていない頃、

打ち込みでカラオケを作り、ボーカル教室の発表会に出ました。

他の出演者の皆さんの選曲と比べ、明らかにスベったと思い、歌もボロボロ。

会場中の空気を凍りつかせたと思い込んで(;^_^A

今振り返ってみてもそこまで思われてはなかったでしょう。

つまんないから早く終わんないかなーくらいだと思います。

それに会場中の皆さんを凍り付かせたのなら、大注目されてますんでむしろ大成功です。

 

いい意味で開き直って

こうしてしくじりを繰り返していくと、開き直ってきて慣れちゃいますが(;^_^A

そんな中、稀に本気で褒めていただくこともあったりします。

するとこれでよかったんだと自分を認められて、やる気upで好循環になってきます。

ここから演奏レベルが急上昇して行きましたよーv( ̄Д ̄)v

 

それでは、また( ̄0 ̄)/

最後までお読みいただきありがとうございます。

楽しい音楽ライフのために!

仲林

仲林聖晃

メッセージを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。